• 24 Optionの勝ち方
  • 海外バイナリーオプションNo1!

海外FX業者

初心者が、FXを始めたいと思った時に、どこの業者を選択するかというのは大切なのですが、最近では国内の業者だけでなく海外FX業者を選択肢に挙げる方も増えています。

国内FX業者と海外FX業者の違いとして最も大きく解りやすい部分と言えば「リスク」に関する事です。

FXではレバレッジと言って、日本語では“てこ”を意味するのですが、掛け金にレバレッジをかけて倍増させて取引出来る特徴があります。

例えるならば、5万円の資金しか無くても、それを証拠金にして、レバレッジ20ならば100万円として取引する事が可能になるわけです。

このレバレッジという仕組みがあるからこそ、FXでは他の取引と比べても大きな利益や損失を生み出しやすい特徴がありレバレッジは利益を倍増させますが、損失も同様に倍増させるのです。

そしてこのレバレッジですが、現在の国内業者では、個人取引の時には25倍までしか利用出来ないレバレッジ規制がかかっています。

昔は何百倍というレバレッジをかけれましたが、段階的に規制がかかり25倍までの取引です。

ここが海外との大きな違いで、海外業者に口座を作れば、日本人でも大きなレバレッジをかけた取引が可能になっているのです。

このレバレッジ規制は大きな賭けをしたいと考える個人投資家にとっては、非常に辛い規制になっています。

小額資金でもリスクをコントロールして大きな取引が出来て、個人でも資産家に立ち向かえる事もある部分が魅了なのです。リスクコントロールについて知識を増やす事はオンラインFX取引には必要不可欠です。

どうしても取引では大きな賭け金になる種が大きい程利益を大きくするチャンスが膨らみます。

資金の無い人が市場で利益を膨らませるには上手く行っても時間がかかるものです、しかしFXでは小額資金しか無い者でも

大きな富を得るチャンスが広がっていたのですが、国内ではそのチャンスの芽が小さくなりました。

しかし海外の業者では1000倍もの取引が出来たりと、大きなチャンスの芽があります。もちろんその分リスクは大きいですが、大きな取引が出来る仕組みが整っています。

最近の海外FX業者は日本語対応している業者もありますし、安心して口座開設も出来るようになっており、また、デモ取引等も出来るようになっている

業者もあるので、試しに取引を行ってから判断するのも良いでしょう。

デモ取引で使い勝手を判断し、各業者の口コミやメリットデメリットを総合的に判断して、自分に一番合うタイプの業者を選択する事が望ましいです。

最近は日本人で海外業者を選ぶ方も増えてきています。やはり高いリスクをとったハイレバレッジでの取引が出来るからこそです。

会社勤めをしながら、投資もおこなっている人はいます。

こういった人たちは、本業の傍ら、投資をおこなっているのです。そして、兼業投資家と呼ばれます。兼業投資家ならば、本業での収入があるので、それを元手にして、投資をおこなうことができます。また、資金面での余裕もあるといえます。

兼業投資家となるきっかけは、空いている時間を有効に活用したいとか、余裕資金を利用して、さらに稼ぎたいとかいったことが考えられます。また、本業の収入が減ってきたので、それを補うという目的で投資を始める人もいます。

兼業投資家と呼ばれる人たちは、本業の合間に投資をおこなうことになります。したがって、多くの時間を投資に向けることはできません。そんなことから、短期売買を繰り返すようなデイトレード的な投資は難しいといえます。しかし、長期投資でじっくりと値上がりを待つようなスタイルならば、兼業投資家が稼ぐことは難しくはないでしょう。

兼業投資家であっても、稼ぐための基本は、専業の投資かと変わりません。やはり、安く購入して、高く売却するということが重要なポイントとなります。そして、より安く購入するためには、様々な情報を収集し、買い時を見極めることが大切だといえます。そして、株価などが値上がりして、利益を見込むことができると判断したら、それを売却するといいのです。

また、外貨取引などについても、同じことが当てはまります。外貨預金というものは、日本円の預金よりも金利が高いことが多いです。外貨預金という形で、外貨を長期で保有すれば、為替の変動次第では、大きな利益を得ることも可能です。こういった取引も、兼業投資家には向いているでしょう。

ただ、FX取引などでは、兼業投資家が稼ぐことは難しくなります。FX取引というものは、為替相場のちょっとした動きを利用して稼ぐことになります。そして、レバレッジを利用しているために、大きな稼ぎが期待できます。その反面、損失が出た場合には、一般的な外貨預金よりも、大きな損失となってしまいます。FX取引では、取引に集中できることも求められます。兼業投資家の場合、一日中、取引に集中することは難しいです。そのため、FX取引をおこなうことは、リスクを伴うことになるのです。

兼業投資家の場合には、できれば、長期投資で、じっくりと値上がりを待つようなスタイルのほうが向いているといえます。また、長期のスパンで相場を読むことも求められるといえます。